bread-a

身体は摂取カロリーが消費カロリーよりも低ければ太ることはなく、体重は自然と落ちていきます。

ただこのカロリーの出入りを管理するというのは簡単ではなく、運動や食事をするたびに計算していくのが億劫でダイエットを途中で止めたという人も多いと思います。

糖質制限ダイエットにはこのカロリー計算のわずらわしさがありません。

食事の際に摂る食品を糖質がゼロか少ないものにするだけです。

ただ、このダイエットには注意すべき点も多く、正しくやらないと全然痩せなかったり体調を崩したりすることがあります。

糖質制限ダイエットで失敗しないように、正しいやり方や注意点をまとめました。

    *補足

    低炭水化物ダイエットと糖質制限ダイエットは、正確には同じではありません。

    炭水化物は糖質と食物繊維からできており、糖質は炭水化物の一部なのです。

    また、炭水化物に含まれている食物繊維は腸内環境をよくしたり血糖値の急激な上昇を抑えたりするので、制限するのではなく逆に積極的に摂取したい栄養素のひとつでもあります。


糖質制限ダイエットの仕組みとやり方

どうして糖質を制限するとやせるのか?

・糖質は人の活動に必要なエネルギーのもとになっています。

この糖質が制限されると人はエネルギー不足に陥ってしまうので、何とかエネルギー源を確保しようと身体に蓄えられている脂肪が使われて減ります。


・食事をすると体内の血糖値が上昇し、膵臓からインスリンが分泌されます。

このインスリンは、食事によってできた糖が細胞の中に取り込まれるようにします。

ところが、この時糖が多すぎて余ってしまうと脂肪細胞の中に脂肪として蓄えてしまいます。

したがって糖質が制限されると糖が余ることによる脂肪の蓄積がおきづらくなるので痩せるのです。

gohann

糖質制限ダイエットのやり方

基本的に食事の際にとる糖質の量を制限するだけです。

また、制限するのは糖質だけなのでその他の脂質やタンパク質の食品はどれだけ食べても構いません。

肉や魚など制限なく食べられるので空腹を感じなくても済む利点があります。

また、お酒でも焼酎、ウイスキーなどの蒸留酒は糖質を含んでいないので飲んでも構いません。ビールはダメです。


diet-w


ただ、糖質制限ダイエットは糖質を制限することから注意すべき点がいくつかあります。


実践するうえでの注意点

1、食事の際の食品選び

タンパク質、脂質の食品は魚か、植物性の大豆食品にします。

動物性のものは健康を損ねるという報告があります。

2.糖質ゼロにはしない

完全に糖質を抜いてタンパク質と脂質だけの食事にするのはよくありません。

高確率でリバウンドします。

逆に痩せづらい体質になるおそれがあります。

3、失敗しないための注意点

野菜でもイモ類はでんぷんを多く含んでいるので糖質制限にはなりません。

市販の野菜ジュースには野菜だけでなく果物の果糖がはいっています。

その他糖質を含む食品は意外なところにあるので注意が必要です。

4. 運動を取り入れる。

糖質制限だけで痩せて筋肉まで落としてしまうと逆に痩せづらい体質になります。

激しい運動でなくても構いません。

リバウンドを防ぐ意味でも運動を少しでも取り入れて欲しいと思います。

mashine-1


最後に

糖質制限ダイエットで痩せたというお話はよく耳にします。

タレントの岡村さんもライザップで糖質制限ダイエットを含んだダイエットに挑戦しているようですが、明らかに以前より引き締まっているのが画面からも伝わってきます。

運動も取り入れながら取り組むと更に効果的にできますよ。