coffee-a
「夏までに痩せるダイエットプランをたてたけど、あまり痩せてない・・・ 体重計壊れてる?」とつぶやいてる人にむけて、今回はコーヒーでやせるコーヒーダイエットを紹介したいと思います。
食事の後や休み時間など、何気なく飲んでいるコーヒーには大きなダイエット効果があったのです。



コーヒーのダイエット効果

コーヒーはご存知のように、コーヒー豆を焙煎し、ミルなどを使って挽き、最後ドリップすることによってつくられます。
このコーヒーの原料となる豆にはカフェインとポリフェノールの一種であるクロロゲン酸が豊富に含まれています。
カフェインとクロロゲン酸にはさまざまな健康効果がありますが、ダイエットにも効果が高く、上手に活用すればダイエットの強い味方になるのです。


coffee-mil

カフェインとダイエット

カフェインは眠気をとるためのものというイメージが強いですが、脂肪燃焼効果も高いのです。
コーヒを飲んだあと交換神経のはたらきが活発になりますが、これにより身体の活動が活発になり、脂肪が燃焼されやすい状態になるのでやせやすくなります。
また、カフェインは脂肪分解酵素でもあるリパーゼも活性化させます。
リパーゼは脂肪細胞の中の脂肪を分解して遊離脂肪酸をつくり血液中に放出します。この遊離脂肪酸は身体のいろいろな組織でエネルギーとして消費される物質で、身体の活動が大きいほど、消費される脂肪酸も多くなります。
消費されなかった脂肪酸はまた肝臓に運ばれ中性脂肪に合成されてしまうので、活動量を多くすれば脂肪燃焼効果も高まります。

クロロゲン酸とダイエット

コーヒーには独特の香り、風味がありますがこれをつくりだしているのが、クロロゲン酸です。
クロロゲン酸は、400種類以上もあるといわれるポリフェノールのひとつでコーヒーポリフェノールとも呼ばれています。
ポリフェノールには、抗酸化作用とともに脂肪の蓄積を抑え肥満を予防する効果があります。
特にクロロゲン酸は、糖質分解酵素の活性を阻害する働きがあり、血糖値の上昇を抑えてくれます。そのため、血液中の余分な糖が脂肪として蓄えられることを防ぐことができるのです。

coffee-one

ダイエット以外にもこんな効果が

コーヒー1杯の中に含まれるポリフェノールの量は赤ワインと同じで、お茶に対しては2倍にもなります。
ポリフェノールにはさまざまな健康効果があります。

動脈硬化の原因となる物質の生成を阻害したり、、血糖値の上昇をおさえて糖尿病を予防したりします。

また、活性酸素の発生を抑える抗酸化力も持っています。
活性酸素は身体を守るために大切なものですが、増えすぎると身体を酸化させ、細胞を傷つけてしまいます。
そのため、老化が早まったり生活習慣病になりやすくなったりするのですが、これを抑える抗酸化力が強いのがポリフェノールなのです。

その他にも 夏の強い日差しから肌などを守ってくれる可能性も期待されています。
コーヒーに含まれるポリフェノールには細胞の炎症を抑える力がありますが、その抗炎症作用に注目して、皮膚のメラニン色素の増加を抑え美白を保つ効果についての研究もなされていています。

*参照:紫外線対策にはコーヒーが効く?/全日本コーヒー協会

ダイエットに効果的な飲み方

coffee-drink-w

写真提供:ペイレスイメージズ



ダイエットに効果的なコーヒーの飲み方を紹介します。

コーヒーを飲むタイミングが大切になります。
コーヒーを飲んですぐには、脂肪が分解されないのでおよそ1時間ぐらいしてから運動を始めるとその効果を最大限にいかせます。
運動と同じという点で入浴する1時間前に飲むのも脂肪燃焼効果が期待できます。

コーヒーの焙煎も大切になります。
クロロゲン酸は熱に弱いので深煎りではなくできるだけ浅煎りのものを選んで飲んでください。
もちろん砂糖は入れずにブラックで飲むのがおすすめですが、苦手な方はできるだけ少なくしてお飲みください。

*飲む時の注意点
コーヒーにはカフェインが含まれており、利尿作用や覚醒作用などがあるので飲み過ぎに注意してください。
多くても1日に4杯程度までに抑えることをおすすめします。

まとめ

コーヒーのダイエット効果について紹介しました。
コーヒーは嗜好品で、空いた時間に飲んで気分転換をしたり、眠気をとるためだけではありません。
身体の脂肪を燃焼しやすくしたり、脂肪をため込まないようにするチカラもあったのです。
今、続けているダイエットにも是非、活用してみてください。