Woman holding hands on a belly. Stomach health concept. Isolated



腸内環境、意識していますか。

ダイエットをしているとどうしても食べ物のカロリーのことや、糖分がどれくらい含まれているのかといったことに目が行きがちですが、腸内環境をよくすることもダイエットにとってとても大切なことです。

腸内環境を改善することによって痩せづらい体質を痩せやすい体質へと変えることができます。

今回はこの腸内環境の大切さについて記事にしました。


*腸内細菌のコトは知っているという方は前半の部分は飛ばして大切な理由からお読みください。

腸内に住む細菌

腸の中には500兆個以上の細菌がいると言われ、重さにすると1.5kg近くあります。

この腸内細菌は大きく分けて3つに分けられます。

善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3つです。

善玉菌には乳酸菌やビフィズス菌などがあり、ビタミンを作ったり腸の働きを整えたりします。

悪玉菌はウエルシュ菌など身体に害を及ぼす菌のことで有害物質を発生させます。

日和見菌は健康な時は無害ですが、体調を崩したりすると悪玉菌と同じように害を及ぼすようになります。

これら3つの細菌は、毎日、縄張り争いを繰り広げていて、善玉菌が優勢な間は問題ないのですが、ひとたび悪玉菌が優勢になると日和見菌まで害を及ぼすようになってしまいます。

なので腸内の中で善玉菌が悪玉菌に対して優勢になっていることが大切です。

これらの腸内細菌の作用によって腸内環境は常に変化しているのですが、ダイエットを成功させるためにはこの腸内環境をよくすることが大変重要になります。

yogurt-q

腸内環境の改善がダイエットに大切な理由

腸内環境は腸内細菌の勢力争いで日々変化しています。

この勢力争いはいろいろなことから影響を受けていますが、中でも前の日に食べた食物繊維の量に一番影響をうけているようです。

また、生活環境が変わっても影響をうけるようで旅行をして家を離れたら腸内細菌の勢力図も変化したそうです。(参照;食べる食物繊維の量で、腸内細菌が大変動

このように腸内環境はいろいろなことの影響を受けながら日々変化しているわけですが、この腸内環境の変化がダイエットにも大きく影響します。

腸内環境が良好であればダイエットの成功につながります。
smile

その理由は善玉菌がつぎのような働きをしているからです。

1.ビタミンをつくる

善玉菌は脂肪や糖質の分解、代謝を助けるビタミンB1、B2.B6,B12などのビタミンB群を腸の中で作ってくれます。

2.幸せホルモンであるセロトニンをつくる。

セロトニンは満腹中枢を刺激して満腹感を感じるようにしてくれます。

セロトニンが少ないといつまでもお腹いっぱいにならず、必要以上に食べ過ぎてしまいます。

3.食物繊維

食物繊維は善玉菌のエサとなるもので腸内環境をよくするために必要な栄養素ですが、特に水溶性の食物繊維には
血糖値の急激な上昇を抑える働きがあります。

血糖値が急激に上昇しないので余った糖分が脂肪として蓄えられることが少なくなります。

4.便秘の改善

腸内環境が改善されると腸の動きもよくなり便通がよくなります。

これによって便秘やガスが原因のお腹のポッコリを解消することができます。


腸内環境を改善する方法については以前の記事「乳酸菌のチカラで痩せ体質に!【ヨーグルトダイエット】」や「脂肪をためさせない「酢玉ねぎ」のダイエット効果がすごい」が参考になると思います。

まとめ

腸内環境の改善がダイエットにとても有益な理由を書きました。

腸内環境がよければ痩せ体質になれます。

ダイエットしてもなかなか痩せないという方はご自分の腸内環境について1度見直されるといいですよ。