ramune


肌に触れる日差しの容赦のない強さがこたえるようになってきました。本格的な夏の訪れですね。
夏は、ダイエットをするのにも厳しい時期です。
「じっとしていても暑いのに痩せるための運動なんてとても考えられない」「夏バテしないようにしっかりと食べよう」とダイエットを小休止している人がほとんどかもしれません。
夏の間は、夏バテや熱中症などもあるのでダイエットをするのにも体調の管理が難しくなってきます。

そこで今回は暑い夏に、積極的にダイエットをして体重を落とすことは目指さず、今より太らないことをテーマに夏太りについてとりあげたいと思います。
なぜか、夏になると太ってしまうという現象について調べてみました。



夏太りしてしまうのはなぜ?

夏に太るなんて思ってない人は要注意です。
夏は汗も多くかくし、エネルギーをたくさん消費しているイメージが強いので、痩せることはあっても太ることはないと思っていませんか。
実は、夏は太りすい要因がたくさんころがっている季節なのです。

1.体温と基礎代謝にたいする誤解

夏は気温が高く、汗もかくので基礎代謝が活発に行われているイメージがありますが、実際はそれほどでもありません。
逆に冬場のほうが気温が低いために、体温を上げようと身体が基礎代謝を活発化させるので、消費カロリーも増えるのです。
夏は思ったほど消費カロリーが増えていないのに、食事量を増やしても大丈夫という勘違 
いが夏太りをひきおこすのです。

2.冷たい食べ物や飲み物のとりすぎ

夏は熱い鍋料理を汗をかきながら食べるのが一番という人をごくまれにみかけますが、やはり暑い夏は、身体を涼しくしてくれる冷たい飲み物や食べ物をとるのが普通です。

この冷たい飲み物や食べ物が夏太りの原因のひとつになっています。
冷たい食事をとることによってお腹、内臓が冷えてしまい基礎代謝が下がり消費カロリーが減ってしまうのです。体温が1度下がると消費カロリーが12%も下がるともいわれています。



10258275 - smiling woman eating pancakes with fruit and honey

3.暴飲暴食

夏は屋外でも食べたり、飲んだりする機会が多くなり、つい食べ過ぎたり飲みすぎたりしてしまいます。
花火大会、お祭り、お盆などイベントがつづき、アルコールの摂取量が増え、塩分や脂肪分の多めの食べ物とあいまって、身体がむくんだり余分な脂肪をため込んだりしてしまうのです。

4.運動不足

日差しが強く気温の高い日中は、どうしてもクーラーの効いた室内にこもりがちになります。
移動したり身体を動かしたりすることも少なく、運動不足になって身体全体の筋肉量がおちてしまいます。
筋肉量が落ちると基礎代謝がさがり、痩せにくく太りやすい体質へと変わってしまいます。このことが夏太りの大きな原因となるのです。

5.睡眠不足

睡眠は美容や健康と深い関係がありますが、ダイエットとも大きく関係してきます。質のいい睡眠がとれないと肥満を引き起こす可能性があるのです。
睡眠不足になると食欲を抑えるレプチンというホルモンの分泌量が減り、食欲を増進させるグレリンと呼ばれるホルモンが増えるという研究結果が発表されています。質のいい睡眠をしっかりとることが、肥満予防につながることが科学的に証明されています。
夏は気温が高いために体温が下がりきらず、質のいい睡眠をとるのが難しくなるので、睡眠不足から夏太りをひきおこす可能性が高いのです。

おわりに

夏太りの原因となる主なものを5つあげました。
原因となる習慣に注意するだけでかなり夏太りは改善できるのではないかと思います。夏バテしないようにしっかりと食事もとりながら夏太りもしないというバランス感覚が必要です。

今はどこでも冷房設備がしっかりしているので、冷たいもののとりすぎは即、「身体の冷え」につながってしまいます。
夏でも温かいものを積極的に食べるなどして身体を冷やさないようにすることが夏太りを防ぐポイントのようです。