Yogurt Mousse


ヨーグルトは身体にいいので、できるだけ食べるようにしているという人は多いと思いますが、ダイエットにとっても優れた食べ物です。

たくさんの乳酸菌が含まれており腸内環境をよくしてくれるので、便通がよくなり代謝も改善されて痩せ体質を手に入れることができるのです。

乳酸菌のチカラ

乳酸菌は動物の体内や食べ物の中などいろいろなところに生息していますが、人でも腸内細菌として腸の中で大事な働きをしています。

乳酸菌のエサとなるのは主にオリゴ糖(市販のヨーグルトによく含まれていますね)などの糖類になります。

乳酸菌はこれら糖類を分解してたくさんの乳酸を腸内で作り出しているのですが、この乳酸が腸内環境を整えるのに大事な役目を果たしているのです。

腸の中で悪玉菌と呼ばれる健康を害する腸内細菌の増殖を抑え、また腸の運動も活発にしているのです。


yo-1

そして腸が元気になることによって便通がよくなり、身体の代謝もあがるので痩せ体質へと変わっていきます。

さらに腸内環境がよくなることにより有害物質の発生が抑えられるので、肌あれの防止にもなり美容効果も期待できます。

ダイエットに効果的なヨーグルトの摂り方

1. 夕食もしくは夜に食べる

ヨーグルトは朝食かお昼に食べるという習慣の人が一般的ですが、夜に食べたほうがダイエットには効果的です。

夜食べることによって質の良い睡眠がとれて睡眠中の代謝の効果が高まるからです。

2. 少し温めてホットヨーグルトにする

できれば電子レンジなどで少し温めてホットヨーグルトにすると更にいいです。

ホットヨーグルトにすることによって乳酸菌の働きがよくなり、冷たいヨーグルトを食べることによる身体の冷えも防ぐことができます。

(温めすぎるとせっかくの乳酸菌が死んでしまうので高い温度で温めすぎないように注意して下さい。)

yoru-a

まとめ

乳酸菌は腸内環境をよくしてダイエットの手助けをしてくれます。

その乳酸菌を豊富に含んでいるヨーグルトはダイエット食品としてとても優れています。

夜に温めてホットヨーグルトとして食べるとさらにダイエット効果が高まるのでおすすめです。


参照;腸内細菌と健康(e-ヘルスネット)